フライ・ダディ

2006年 |話数 : 1

出演 : イ・ムンシク、イ・ジュンギ、ナム・ヒョンジュン

演出 : チェ・ジョンテ | 脚本 : チェ・ジョンテ

映画

誰でも強くなれる!誰もが真のヒーローになれる! “僕らの自慢のダディ”を誕生させるまでをドラマティックに描き出す感動エンタテインメント!

イ・ジュンギが高校で一番喧嘩が強いと噂のカリスマ高校生を、頬の傷もりりしく演じ、“女らしさ”とは正反対な精悍な魅力を発揮。その鮮やかな変貌には眼を見張らされる。自分以外、誰も信じるものがなく、本ばかり読んでいる高校生スンソク。過去のトラウマから人に心を開こうとしない彼だったが、ガピルの家族を守りたいという情熱を目の当たりにして、次第に生きる幸福に情熱に目覚め始める。

ストーリー
平凡な中年サラリーマン、チャン・ガピル(イ・ムンシク)。彼の39歳の平和な日々が崩壊の危機に直面する事件が起こる、愛娘がカラオケボックスで高校生に暴行され入院したというのだ。病院に現われた加害者の高校生と教頭たちは、不遜な態度を崩さず、思わず彼に掴みかかろうとするところを、ガピルは取り巻きの男に突き飛ばされてしまった。自身の無力さゆえに、最愛の娘から「会いたくない」と告げられたガピルは、すっかり絶望し眠れぬ夜を過ごす。そんなとき偶然出会った、愛に飢えた孤独な過去を背負う物静かな高校生コ・スンソク(イ・ジュンギ)と、「娘が殴られた分、俺の手で殴り返したい」と誓うガピルと、“師匠と弟子”の関係を結ぶこととなる。弟子の呼び名は“チャンガ”。こうして高校生の師匠と39歳サラリーマンの弟子という奇妙な師弟の、過酷で非情な40日間の特訓の日々が始まった。すべては、ガピルがテウクを倒して家族のヒーローとなる日のために。そして、胸を張って病院に愛娘を迎えに行く日のために。禁煙し、断酒し、地獄の特訓に耐え続けるガピルに、いつしかスンソクも生きる情熱を取り戻していく。果たして、スンソクがこの情けなくもひたむきな“ダディ”の姿に見出したものとは……。
©2006 IM Pictures & CJ Entertainment Inc. All rights reserved.

エピソード (1)